創業1986年から続く薬店の実績で健康と美容、ダイエット、子宝の悩みを応援 | スマイルエイジングショップ | 10,001円以上のご購入で送料無料

10001円で送料無料、即日発送
  • ご予約やお問い合わせはこちら。06-6374-0357
  • メールでお問い合わせ
  • カウンセリング
  • トップ
  • メロディ薬店について
  • いつまでも若く、美しく、笑顔でスマイルエイジングのために
  • 商品一覧
  • マイページ
  • カートを見る
  • 健康相談
  • 子宝相談
  • 美容相談
  • ダイエット相談

冷え

冷えについて

 「冷え」や「低体温」は万病の元ともいわれ、その状態が続くと肩こり、頭痛、腰痛、腹痛、生理痛、不眠などの不快症状が現れてきます。また、冷えは不妊の原因の一つとも考えられています。
体の中心部分の温度である深部体温は、細胞が最も働きやすい37度にいつも保たれている必要があります。
外気温が下がると、この深部体温を維持するために、手足や表皮の血管を収縮し血流を低下させて、体内の熱を逃がさないようにします。
この状態が長く続くと、手足や表皮に温かい血液が運ばれなくなり、末梢の体温が下がって「冷え」を感じます。
人は体を動かすとき、頭を使うとき、体内で常に熱を生みだしています。
ですが、日常生活が活動的でないと熱を作り出す力は弱まります。
 また、胃腸の働きが弱いと、消化・吸収能力が低下しているので、食べる量もおのずと減り、体の中で熱を作る力が弱まって、「冷え」になりやすい傾向があります。
 「冷え」をそのまま放っておくと、血液の循環が悪い状態が続くため、肥満や下痢、肌荒れなど、さまざまな体調不良を引き起こす原因となります。

 「冷え」で悩む人は、体を外側から温めることに気をとられがちです。
しかし、根本的に「冷え」を解消するには、筋肉を増やして代謝を高めることです。
これにより、体で熱を作る力が高まり、それが体の隅々まで運ばれるようになり体全体が温まります。
  また、ストレスや不規則な生活で自律神経のバランスが乱れると、血流が悪くなり「冷え」を感じやすくなります。
ストレスをためず、規則正しい生活リズムを保つよう努めましょう。

・ 運動する
・ 熱に変わりやすい“たんぱく質”をしっかり食べる
・ 食べない系ダイエットは避ける
・ 旬の野菜や果物を食べる
・ 乾燥しょうがを食べる
・冷たいものや甘いものをあまり食べないようにする
・お酒の飲みすぎに気をつける
・お風呂にゆっくり浸かる
・ タバコを控える
・ 首、手首、足首、腰を温める
・ツボを刺激する・温める

表示切替: 並び順: 在庫:
6件中1件~6件を表示
6件中1件~6件を表示

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

営業日 月~金10:00-20:00
   土・祝日10:00-20:00
定休日 毎週日曜日

※ご注文は24時間365日受け付けていますが、
休業日はメール、出荷等もお休みさせて頂いております。

ページトップへ